情報発信ビジネスのやり方・やるべき理由

情報発信

情報発信ビジネスについて詳しく説明していきたいと思います。

ここでなんで?情報発信ビジネスなんですか?って人もいると
思いますので、説明したいと思います。

個人が手にできる価値というものが
このビジネスには詰まっているんです。

それでは、見ていきましょう。

情報発信ビジネスとは

 

情報発信ビジネスとは、ブログやSNS、Youtubeなどの媒体を使って情報を発信することで
収益化していくビジネスモデルのことです。

そして、主に情報(無形のサービスやコンサルティング、教材、オンラインサロンなど)
を販売して利益を得ます。

情報発信ビジネスの流れとしては・・・・

①自分からブログなどソーシャルネットワークを通じて情報を発信

②見込み客となりうる人に自分の存在を認知してもらい興味をもってもらう

③見込み客との間に信頼関係を築いて商品を販売する

 

この①→②→③の流れで展開していくわけです。

 

 

スポンサーリンク

情報発信ビジネスの収益源の仕組み

 

 

 

自分で作った商品(塾代・サービス・コミュニティーなど)・他人の作った商品
(A8netなど)を、お客様に直接払ってもらったり、ページをクリックして
お金を振り込んでもらったりすることで収益を得ます。

 

今ならセールスページも簡単に作れる時代なので、Paypalなどの決済代行会社を
通じてオンライン決済の仕組みも作れるので、インターネット上で

 

一連の流れを完結することができるので、しっかりと仕組みは、構築しましょう。

 

ここで情報コンテンツには、どんなものがあるか紹介します。

・ダイエット教材の販売
・オンラインコーチングの販売
・ビジネスのコンサルティングの販売
・継続課金制のオンラインサロンの販売
・電子書籍や音楽のダウンロード

自分の商品つくるメリットは、自分のファンになってくれるし
その後もわからないことなどがあったら、聞いてくれたりと
長い付き合いになってくれます。

 

デメリットは、
自分の商品なので作るのに時間と手間がかかります。
市場にあった商品を作らないといけないので、マーケティングにも
時間がかかる。

 

他人の商品を紹介して売った場合のメリットは、
市場から支持を得ているものを紹介して販売するので、
時間と手間が省ける

 

デメリットは、他人の商品となるので、わからないことがあれば、

そちらの商品のネットワークに見込み客が流れてしまう。
自分のファンになりにくい可能性がある。

 

ですので、自分自身に売り物がない場合には、
他人の商品を売るのは、非常にいいのですが
長い目を見て

 

自分でビジネスの主導権を握れるように顧客からダイレクトで課金
されるようなビジネスモデルを構築することが、肝となるわけです。

 

リアルビジネスでも使える情報発信ビジネス

美容院や飲食店をやっている方々も
ブログやSNSを通じて情報発信をしていくことが

来店を促すことに対して効果的なんです。

以前であれば、店舗などは、ホットペッパーが主流でした。

私自身も居酒屋を経営していましたので、
毎月、ホットペッパーの方との打ち合わせをして

店舗内の撮影や料理の撮影などなど
店舗の紹介文を考えたりと

色々と試行錯誤をしていた時代もありました。

ですが、今では、独自で情報発信をして新規のお客様に
対して集客を促すことが容易になってきているのです。

 

 

情報発信ビジネスのやり方・始め方

 

 

 

基本的に情報発信ビジネスを始めていく際に流れが存在します。

①集客

②教育

③販売

この①→②→③の流れで行くことをDRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)
と言います。

このやり方が、王道なんです。

要するに、見込み客を集めてきて、見込み客との間に信頼を構築して
見込み客が欲しいと思われる商品を販売するという流れを作っていくのです。

集客・ターゲットとなる読者様を集める

見込み客が集まる媒体を作ります

・ブログ

・アプリ

・SNS(ツイッター・Facebook・Instagramなどなど)

・YouTube

自分自身をアピールできる集客媒体を構築していきます。

ここで絶対に取り組んだ方がいいのが、独自ドメインブログです。
SNSのような外部プラットフォームに依存した形をとっていると

いきなりの削除などが発生した場合に何もなくなってしまいます。

ですので、独自のプラットフォームであるブログを中心に構築を
実施し、そのブログに集めるためにSNSなどの他メディアを

活用していくことをお勧めします。

そうして、ブログに集まってくれた訪問者様を教育媒体(ライン@・メルマガなど)
を紹介・誘導をして登録をしてもらいます。

訪問者様が少ない場合は、ライン@がおすすめです。

ここでブログへのアクセスは、向こうから行動をおこしてくれないと
いい情報は届けることができませんが、

メルマガ・ライン@などに登録してもらうとこちらから
情報を届けることができるんです。

教育・読者との間に信頼関係を構築

次に集まってくれた読者様との間に信頼関係を構築されつつ、読者様に
対して、新しい学びを提供していきます。これを教育と言います。

出会ったばかりの人に対して「いい商品だから使った方がいいよ」と
言ったところで信頼関係がなければ、ほぼ買ってくれません。

なぜなら、その言葉自体、信頼してないからです。

だから「出会う」と「セールスをする」という2つのフェーズの間で、
読者との間にしっかりと信頼関係を構築し「

もっとこの人から価値を受け取りたい」と思われるようになるべきなんです。

ここで重要なのが、ただ役立つ情報だけ提供していては、不十分です。
それでは、ただ役に立つ人で終わってしまい、自分ブランドを体感してもらう
ことはできません。

大事なことは、「もっとこの人の提案する世界に近づきたい」とか
「この人から色々教わりたい」と思ってもらうことが重要なんです。

そのような教育をステップメール(自動配信型のメールマガジン)で
行い、自分自身のファンに(理念や理想を共鳴してくれる人)を増やしていく
べきなんです。

販売・読者と共有した「理想」に近づけるための商品を紹介

信頼関係を構築した読者とは『共通の理想』で繋がれるようになりますが、
まだ読者はその理想には到達していないし、
理想からは程遠い場合もあるでしょう。

そんな読者は「理想を手に入れたい」という熱意に満ちていながらも、
どうすれば理想に辿り着けるかわかっていなかったり、
より効果の高い方法を求めているわけです。

例えば、私で言うと電子書籍が出したかったんです。

ですが、やり方がわからない。ネットで調べてもイマイチわからないし
1万文字から1万5文字を書くんですけど、日々のモチベーションで

あったりが、上がったり、下がったりと正しい方法がわからなかったんです。

そのような悩みの中で実績十分のネットビジネスの先生に
電子書籍の出し方から記事の書き方から、本の表紙の書き方から

細かいことを色々と教えてもらい、正しい方向性を常にしめしてくれた
ことにより電子書籍の出版に至りました。

このように悩みを解決してくれれば、喜んでお金を払うという
行動を人は、取ります。

ですので、セールス・販売とは何か?と言うと

読者様と共有した理想に近づくための壁を取り除くための
提案をすることだと。

このように読者様にとって必要なものは、迷わず売りましょう。
この値段だから、無理そうかなって販売者が思ってはいけません。

その人にあった商品なのであれば、その方の理想に近づけるのであれば、
それは、必要なものなんです!!

情報発信ビジネスを実践するメリットは???

自分のブランドを高められる

情報発信ビジネスをするということは
自分ブランドを構築しながら収入を稼ぐことになります。

要するに、自分の存在価値で人から感謝を集めて、価値を提供して
お金を稼ぐことになるんです。

世の中には、自分にしかできない仕事をしたいって考える人は
多くいます。

ですが、本当に自分にしかできない仕事というのは、自分自身のブランドを
機能させながら、顧客から「あなただから意味があるんだよ」っていってもらえる

仕事こそが、自分にしかできない仕事であると考えます。

自分自身のブランドが高まれば、自然と仕事は、舞い込んできます。

だからこそ、今、新しいビジネスにトライしたい人は、

この情報発信ビジネスである「自分をブランド化させる仕事」
やるべきです。
それが、できる時代なんです。

収益力と利益率が高い

ここで社会の原理原則を説明します。
「誰でもできる仕事」は、時給が安いです。
「誰でもできない仕事」は、時給が高いです。

これは、誰もがわかることです。

ですので、この情報発信ビジネスは、自分をブランド化させる仕事なので
当然ですが、時給は、高いです。

ここで例をいいますと・・・・・

人は、リッツカールトンやルイ・ヴィトンに何故高いお金を払いますか??

答えは、それ自体に強いブランド価値を感じているからなんです。

私自身は、ブログをやっているので、サーバー代・独自ドメイン代
などで年間約13000円ぐらいになります。

YouTubeやSNSに関しては、無料でできています。

電子書籍に関しても、無料で出すことが可能です。

社員を雇っていないので、売り上げがすべて自分のものになるわけです。

ここまで収益性の高いビジネスは、見たことがありますか?

是非とも、結果を求めるのであれば、情報発信ビジネスはおすすめです。

自分自身で働き方を変えられる

情報発信ビジネスは、自分がプラットフォームになるわけです。

つまり、自分自身で自由自在に操れるわけです。

プラットフォームを外部に依存したり、他人の商品を売るビジネスで
は、長い目でみるとリスクでしかないです。

長い目で資産をつくるという意味では、情報発信は、ほんとに
すばらしいものなんです。

素晴らしい出会いに恵まれる

情報発信することで得られるのは、お金だけではありません。

人との出会いに恵まれます。
ビジネスは、ほんとうに人間関係だと思います。

ネットビジネスを真面目に頑張っていれば、

同じようなことをしている人

同じような心意気を持って生きてる人

自分の武器を必要としている人

との出会いが増えてきます。

私自身もコンサルを受けていた際には
同じような境遇の人と電子書籍の出版に向けて努力したり

ブログに関しても1日1記事を投稿したりと
作業を日々できるようなモチベーションが

保てていました。

今では、ブログを書くことに抵抗感がなくなりました。
どれぐらいの文字数なら、これぐらい時間がかかるなって

ことが計算できるレベルにまで来ることができました。

幸福度の高いビジネス

人との出会いにも恵まれ、お金も稼ぐことができ

自分自身の存在価値も高めることができる。

このようなビジネスをやらない手は、ないんです。

真の自由を手に入れるには、挑戦すべきビジネスモデル。
長い目で見るのであれば、ほんとうに挑戦してほしいと思います。

情報発信ビジネスは、初心者でもできるのでしょうか

基本的に「情報発信ビジネス」はそれ自体がひとつのノウハウや手法というわけではなく、
商売をどのように定義するのか、
その定義のひとつで商売における哲学のようなもの

だから何か売り物になるような武器があって、
その武器をベースに理想的な未来像を示すことができるのであれば、
どんどん情報発信をして「集客 → 教育 → 販売」という流れを進めていけば良いです。

もし、自分自身に武器がないのであれば、価値の高い他人の商品を紹介して
情報発信力を高めていくことをお勧めします。
この情報発信力が高ければ高いほど、ほんとうの武器になります。

昔から現代にかけて変わったこと

現在のインターネット普及率は、世界で平均53%
日本では、93%だといわれています。

情報を入手することが100年前にくらべてありえないくらい
容易になったんです。

この100年間で人が求めているものが、変わりました。

日本では、50年代に3種の神器と呼ばれた冷蔵庫、テレビ、
洗濯機

 

60年代は、カラーテレビ、クーラー、車

 

さらには、デジタル3種に神器と言われるでデジタルカメラ、
薄型テレビ、DVDレコーダー、などなど

 

こういった消費財、つまりは、「モノ」は
先進国家のほぼ全家庭に行きわたりました。

次に人が求めるものは、「モノ」ではなくて「情報」
に変わりました。

ここで人が求める情報は、さまざまです。

例えば、今日食べに行くお店の口コミから値段、メニュー情報

年収の高い仕事の給与のテキストデータ。今では、YouTubeを
見れば、どんな職業につけば、どれだけ貰えるのかは、
誰でもわかる時代です。

暇つぶしのためにYouTube動画を見たり、男の人でしたら、
アダルトサイトを見たりと様々です。

アクセスが集まる媒体には、お金が集まります。

広告費や紹介料、月謝など呼び方は、さまざまですが
とにかく、お金が集まるんです。集まってしまうんです。

インターネット社会が普及した現代は、人が求める情報
お金に変わるわけです。

言い換えれば、他人の時間を奪えばお金になるわけです。
少し、強引な言い方かもしれませんが。

要するに、これからビジネスを立ち上げてお金を稼ぐには

「モノ」を売るのではなくて、「情報」を提供することが
最も市場に適しているということになるんです。

そして、その情報に希少価値が高ければ、高いほど大きな
お金に変わるわけです。

だからこそ、個人が行うネットビジネスは
面白さがあるんです。

よりお金を稼ぎたいとおもったら

時給を上げたり働く時間を増やしても自由な時間は、増えません。
それも限界があります。

このような方法をとるのではなくて、自分の分身として
ネット上にコンテンツを投下していくことこそが

真の資産を作ることになるんです。

真の自由を手に入れたければ、

本当に学ぶべきことは、何かを見極める必要があるんです。
ネット上では、変な情報が多数あります。
しっかりと真実を見極めないと時間だけが過ぎてしまいます。

しっかりと見極めてくださいね。

わからないこと聞きたいことがあれば、お問い合わせまで。

 

応援しています。

コメント

  1. ゆきぴ より:

    こんばんは。
    ブログランキングからきました。
    ビジネスの仕組みが詳しく書かれているので
    とても参考になります。
    また拝見させていただきます。