ネットビジネス初心者でも電子書籍は、出せる!!

電子書籍

いきなりなんですが、

ネットビジネス初心者でも電子書籍は、出せるんです!!

ここで少しだけ電子書籍をネットビジネス初心者が
出すべき・出した方がいいのか説明いたします。

電子書籍と聞けば、非常に敷居が高いように思えるのですが
これがほんとに簡単に出せるんです。

そんなに簡単なの?って思うかもしれませんが・・・

一回出してみたら、この気持ちわかるから!!!

だから、出してみよう!

 

これからは、情報発信こそがほんとに重要だなってほんとに
思うので、色々な情報発信の形の一つとしての電子書籍です。

 

この先の混迷した時代を生き抜くための必要なスキルだと
私は、本気で思ってますので、今から記載する4ステップを学んでいただいて

 

自分自身の情報発信力!自分の本を出してみてください!

 

それでは、本題に入ります。

 

電子書籍が盛り上がっている理由

ご存知の方も多いかもしれませんが、Amazonでは紙の本と同様に、
デジタル コンテンツとしての電子書籍も売られており、
Kindleと呼ばれる電子リーダー アプリや電子書籍専用端末で読むことができます。

 

実際に紙の書籍で自費出版を行うと、何百万円という費用がかかる上、
書店に行けば、ベストセラー本が高く積まれている一方で、
個人出版の本は端の方に小さく置かれていることも珍しくありません。

 

そういった不都合な点が、Amazonにおける電子書籍出版では一切ないという点が、
これほどまでに盛り上がっている理由なんです。

電子書籍の出版するための必要な4ステップを記載します。

 

さあ!4ステップをみていきましょう

スポンサーリンク

1・コンテンツを作成する

まずは、本のテーマを考えます。

どんな人に読んでほしいのかを明確にします。
本の題名に記載してもOKです。

題名が決まれば、どんな構成で書くかを考えます。

見出し→段落→見出し→と考えていきます。

文章の量としては、1万文字から1万5千文字を基準にしてください。
ですので、見出し1つに対して、1000文字程度を書きます。

文章に関しては、いきなり、電子書籍などに書き込むのではなくて、
実際には、書き込めないですが。

メモ帳などに下書きを書いておいて、実際に使うサイトに
コピーして貼り付ける方式を取ると便利です。

私自身は、Crescent Eveを使用しています。
私は、ここに下書きをして、ライブドアブログにコピー・貼り付けを
行う作業を出版前には、行っています。

Crescent Eveのダウンロード先をこちらにリンク張っておきますので、

是非とも利用してみてください。

 

2・コンテンツをデータをEPUB方式に変換する

 

 

コンテンツが書き終えましたら、EPUB形式に変換していきます。

 

使用するものは、ライブドアブログです。
こちらのブログに先ほど書きましたCrescent Eveに
コンテンツ(文章)を書いて、コピーしてライブドアのブログに
貼り付けていただきます。

 

ライブドアブログに関しても、こちらに貼り付けておきますので、
無料ですので登録の方をお願いします。http://blog.livedoor.com/

こちらで新規登録を行い、

ブログに文章をコピー・貼り付けを実施して、EPUB方式って項目が
あるので、そちらで変換を実行!そうすれば、完了!

注意!!

ブログの文章を保存する場合には、絶対に下書き保存してください。
公開を押してしまうと世に文章・コンテンツが出てしまうので、
絶対に下書き保存にしてください。

3・本の表紙を作成する

表紙に関しては、ココナラサイトやクラウドソーシングで
仕事を依頼することもできるみたいですが、
まずは、自分で作ってみることをお勧めします。

私自身は、ネット上でPhoto ScapeXをダウンロードをして
作ってみました。

画像に関しては、著作権などが絡んでくるので、
無料の画像が取れるpixabayを利用しています。

画像のデータを保存する際には、JPGTIFで保存していただくように
おねがいします。

表紙画像のサイズなんですが、1600×2560のサイズ設定にしていただくように
おねがいします。こちらのサイズに関しては、アマゾンキンドルが
推奨しているサイズでもあります。
詳しくは、 Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシング
をご確認ください。

4・Amazon KDPに出版手続きをする

 

 

まず、出版前にKDP(キンドル・ダイレクト・パブリッシング)

に個人情報の登録を行います。

 

続いて、本の コンテンツをアップロードします。
ブログで画像をアップロードするように、作成した画像とEPUB形式
コンテンツをアップロードします。

注意点!

本の出版権の箇所に「これはパブリック ドメインの作品ではなく、
私は必要な出版権を保有しています」という欄があるので、
チェックするのを忘れないようにしてください!

アップロードが完了したら、価格とロイヤリティを決定します

 

ロイヤリティは「70%のロイヤリティをもらう」か「30%のロイヤリティをもらう」
のどちらかを選択します。70%のほうがお得に見えますが、
「ほかのサイトでは販売してはいけない(90日間)」

「価格は2.99ドル〜9.99ドルの範囲内」という制約があります。

ですが、ここでは、70%を選んでいただくことをお勧めします。

 

 

私自身もそうしたってことと、やはり、アマゾンキンドルがほんとに有名ですので、
このマーケットには、非常に人が集まってくるので、
みんなに見られやすいという利点があります。

 

 

最後に、「保存して出版」をクリックすることで出版審査が行われます。
審査が通過すれば、48時間以内に自動的に出版されます。

 

これで晴れて著者になれるわけです。

おめでとうございます!!!

まとめ

今の時代、会社員として働いていても、給与が上がるのかどうかとか

今後、消費税が10%にも上がります、オリンピックもあります。
外国人労働者も大量に日本にくることでしょう。そうすることにより

色々なことが起きます。これは、予想ができません。

私が、予想しているのは、オリンピック後は、景気が減速するのではと
考えているので、私は、電子書籍を3冊および、今後も出していきます。

年内にもう一冊は出します。

みなさんは、どうしますか?こんな混迷な時代、未来を予想することは
できない!ですが、自分の未来は、予想することができる。

なぜなら、自分が決めることができるから!そうなんです。

自分がこうするって思えば、必ずやできます。

是非とも、電位書籍という形かもしれませんが、情報発信という形で
印税収入を少しでも稼いでいける手法をやってみては、いかがでしょうか?

応援しています。

アマゾンの電子書籍をナレータの方が読んでくれるサービスを
今だけ、無料でできるみたいですので、是非とも試してみてください。

一度試してもらって、合わなければ解約すれば、一円もかかりません。

是非とも、実践してみてください。

私の電子書籍も載せておきますので、参考にしてみてください。

こちら

コメント