パソコンの作業中に目を疲れさせない方法公開

ネットビジネス

ネットビジネス初心者の方は、まだまだ慣れていない
パソコン作業!

一日何時間かパソコンの前での作業が続くと思います。
作業中は、夢中になってパソコンに向き合うために
疲れが出ないかもしれませんが

作業時間が、長くなった際に疲れが出てきてしまうことが
あるかと思います。

その際にパソコン作業の疲れが少しでも低減してもらえればなと
思い、その方法を記載していきますので、是非とも参考にしてみてください。

大きくて高画質のモニターを使うことをお勧めします

現代は、スマホが非常に普及しているので、スマホでなんでもかんでも
やってしまいがちなんですが、その際に気を付けてほしいのが
スマホの場合は、姿勢が悪く、画面との距離が近くなってしまうので

注意が必要です。

パソコン上で漢字などを見る場面は、多いと思いますが、
その際に画数が多いものに関しては、非常に見づらいために疲れてしまいます。

なので、文字を見やすくするためにも17インチ以上のモニターをお勧めしています。

ノートパソコンでもいいのですが、画面サイズには、限界があるので
長時間の作業には向いていません。

スポンサーリンク

無理のない作業距離と姿勢を意識する

 

・椅子に深く腰掛け、背もたれを十分あてる

・足元のスペースを十分確保する

・足の裏が床全体に接するようにします

・画面の上端が、眼よりもやや下にする(見下ろす形にします)

・画面と目の距離は、40cm以上離す

 

この項目を意識して作業をすると長時間の作業にも
耐えられるかと思います。

適度な休憩を取る

パソコン作業をしている際に目の筋肉は、ずっと緊張をさせたままになるので
目の筋肉は、一旦疲れてしまうとなかなか回復ができない特徴があります。

ですので、30分に一回は、休憩を取って、遠くのものを見たり
目の運動をするようにしてください。

目の運動

①一度目をギュっと閉じて、ぱっと開ける
②頭を動かさないように目を左右に動かす
③次に上下に動かす

この一連の作業を2回から3回繰り返します

パソコン作業に最適な環境作りをする

やりがちなミスがあります。
パソコンを明るい窓際に置いたりしているのを
よく見かけます。

これは、逆効果になりまして、画面に景色などが写ってしまい
非常に見づらい現象が起きてしまいます。

ですので、パソコンは、窓際にはおかずに
画面の明るさと作業場の明るさの差をなくすことをお勧めします。

まとめ

作業中での注意点を記載させていただきました。

少しの工夫が目の疲れを低減してくれるので、
試しに少しでも実践してくれることをお勧めします。

パソコン作業に是非とも集中してほしいという思いで書かせて
いただきましたので、是非とも参考にしてみてください。

コメント