クラウドワークスは、怪しくて、詐欺なのか?!

クラウドワークス

CrowdWorks
は、危険で怪しくて、詐欺なのか?!

 

今年は、副業元年の年と言われるほどに大手企業が副業解禁を
している状況です。ヤフーニュースにも載るほどだったので
みなさんの記憶にも新しいのではないかと思います。

 

その副業の中でもこのクラウドワークスは、色々な案件が
存在していて、一見稼げそうだなって思えてしまうのですが

 

ネットで調べてみると「怪しい」とか「詐欺じゃないの?」とか
「危険」だとか色々な声が飛び交っています。

 

CrowdWorks
とは、どんなものなのか
詳しく解説していきます。

 

詐欺業者や宗教勧誘が実際にいる

 

詐欺業者以外にも色々な目的をもった業者が多数存在します!

その中でも今から挙げる例には、気を付けてください!!

●契約前にもかかわらず連絡先を聞いてくる

●外部のリンクに飛ばそうとする

●契約後から提案している案件以外にも
儲かるものがあると言われる

このような誘いなどがあった場合には、注意です!!

スポンサーリンク

クラウドワークスで確実に報酬を受ける取るには

クラウドワークスは、インタネット上で仕事の受注から報酬の支払いを
一括して行います。

 

初めてこのクラウドワークスを使う人にとっては・・・・

 

ほんとうに払ってもらえるの??

 

大丈夫かしら??

このような不安もあるかと思いますが、実際に
報酬を支払わない業者がいるのも残念ながら事実なんです。

 

ですので、しっかりとした対応策が必要なので、
その対策を説明していきます!

 

報酬の仮払い後に作業する

一番の対応策は、クライアントからの「仮払い」が済んだ後に作業を
するということです。

手順を紹介します

CrowdWorks
では契約完了後

①発注者の仮払い

②受注者の業務および納品

③発注者の検収(成果物の確認)

④発注者の承認後に報酬支払い

このような①~④までの流れになります

ここでは、発注者は仮払いをすると一方的に契約をキャンセルすることが
できなくなるんです。

 

逆に仮払い前に仕事にとりかかってしまい、成果物を納品を
してしまうと、発注者が一方的にキャンセルの可能性があるんです。

 

仮と言う形ではありますが、クライアント側は報酬を支払い、
原則キャンセルできない状況になるので、安全です。

 

受注者は、必ず仮払い後に仕事に取り掛かるように
お願いします。

 

クラウドワークスからもこのようなアラームメッセージは、流れます。

 

さらに注意してほしいのは、仮払い前に納品を
要求してくる業者がいるので、その際には、クラウドワークスに
通報しましょう。

 

非承認後の無断使用

もらった案件の仕事が非承認になったにも関わらず、
無断で業者に使用されていたという事件が過去にありました。

 

報酬を支払っていないにもかからわず、インターネット上で使用している。

 

記事を勝手に使っていたそうです。

 

ネットビジネス初心者にとっては、何がどうなのか
よくわからない場合には、クラウドワークス側に質問しましょう。

 

クラウドワークスを安全に使うには

 

顔が見えない中で報酬や成果物のやり取りを行い、
報酬が発生するクラウドソーシングサービス!

 

色々な業者がいるのも事実です。

 

安全に使用するためにも今から説明することを
守って対応しましょう

 

実績があり評価の高いクライアントを選びましょう

 

評価の高いクライアントから案件を選ぶことが、安心で安全に
業務に取り掛かることができます。

 

評価の高いということは、今まで色々な人と仕事をしてきており、
問題なく業務に取り組めたという他人からの評価でもあるんです。

 

評価の低い業者や登録したばかりの業者などは、
トラブルの可能性がいなめないので、
そういう会社を避ける事で安心で安全に業務に取り組めます。

 

この評価に関しては、偽装ができないので、安心してください。

 

その他にもありがとうの数もあります。

このありがとうの数が100を超えていたら
かなりの信頼度が高いと思われます。

本人確認やプロフィールは必ず、確認!!

 

案件に応募する前に、必ず、やってほしいことは・・・・

●業者の過去の仕事の実績を見る

●クライアントの本人確認をする

●プロフィールを入念に確認する

実際に案件に入る前に、業者と締結書を取り交わしておくことも重要です。

 

募集をかけている仲介の業者とクライアントが連携して、
内職商法の詐欺を行っているケースもあるんです。
びっくりですよね。

 

少しの費用がかかってしまいますが、安心かと思います。

 

コンペ形式のアイデア応募には注意!!

コンペ形式の案件で、新しいアイデアを募っている場合は、
少し注意が必要です。

 

このようなコンペがある場合にアイデアが見れるし、可視化できる
状態になってしまうとそれを模倣されて、コピーされて
採用されしまうケースもあったりします。

 

自分にとって、とっておきのアイデア・発想は、安易に
さらけ出さないようにしましょう。

わからなければ、すぐに報告

クラウドワークスは、基本的に運営もしっかりしているので、
トラブルは起きにくいとは思います。

しかし、このクラウドワークスの中にも詐欺業者や宗教勧誘業者が
いると思いますので、怪しいとおもったら、運営側に通報しましょう。

 

ネットビジネス初心者の方は、すぐに案件に取り組んでしまうからも
しれませんが、ネットでは、しっかりと規約などの存在します。

 

まずは、その規約や業務上のルールなどをしっかりと
読んで、業務に取り掛かってもらうことをお勧めします。

まとめ

クラウドソーシングサービスでは、有名なクラウドワークスは、
安全で非常に使いやすくしようと運営側は、努めています。

 

ですが、自分自身で怪しいクライアントかどうかを
見分ける力は、必要です。

 

これは、CrowdWorks
に限った話でもなくて、
ネット上での見分ける力にもなってくるので、

 

しっかりと今までずらずらと述べてきたことは、
守るようにしてください。

 

CrowdWorks
は、稼げるサイトでもあるので
ネットビジネス初心者の方には、積極的に取り組んでみてください。



コメント