【初心者】クラウドワークス 登録からログインまでの手順

クラウドワークス

私自身が愛用しているクラウドワークスの
登録からログインするまでに記入・準備しておくことの
流れをまとめました。

知らないと、自分自身がせっかく稼いだ報酬もなくなってしまうので
注意しましょう



クラウドワークスとは

 

クラウドソーシングサイトを運営する企業です。

本社:恵比寿

代表者:代表取締役社長 CEO 吉田浩一郎

設立:2011年11月11日

資本金:20億9,039万円 ※2018年6月末現在

事業内容:日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」を中心とした
インターネットサービスの運営

営業所:不動前営業所・大阪営業所・福岡営業所

スポンサーリンク

登録条件

クラウドワークスの登録条件

・18歳以上は、登録OK。

・18歳未満は、登録対象外

・20歳未満は、未成年のために保護者の同意が必要です。

振り込み口座

・本人の口座のみ登録可能。

・日本口座のみ対応

この他にネットやパソコン・タブレットなどの操作環境は揃えましょう。

私自身もスマホは、確認用で使用。

クラウドワークスの案件をする際には、ノートPCを使用しています。

海外在住の人は、日本口座をもっている人がいないかもしれませんので、
問い合わせフォームより相談をしてください。

問い合わせフォーム:https://crowdworks.secure.force.com/faq/FaqInquiry

クラウドワークスの利用料について

 

クラウドワークスの登録料は無料で仕事を受注した場合、
報酬金額の5%~20%が手数料として引かれます。

 

また、報酬を振り込みしてもらう時に振込手数料が差し引かれるほか、
即時出金を希望するとさらに手数料が発生します。

 

クラウドワークスの換金する際の手数料についての記事を作成中

登録の流れ

 

クラウドワークスの会員登録は、大きく分けて2種類。
メールアドレスで登録するタイプと、Facebookや Yahoo!ID、
googleの他アカウントとIDを連携させる方法があります。

 

メールで登録する場合

メールアドレスを記入すると、そのアドレスに仮登録の返信が来ます。
来ない場合は、迷惑メールフォルダへの振り分けやドメイン拒否をしていないか確認しましょう。

 

仮登録のメール受診後、24時間以内に本登録を済ませなければいけません。
ユーザー名やパスワード、利用方法(受注)生年月日、職種、氏名など入力して、登録完了です。

 

登録完了後クラウドワークスへログインする時は、メールアドレスとパスワードを入力する方法のみ有効です。

IDを連携させたログインでは、新規登録扱いになってしまうので注意しましょう。

IDを連携させて登録する場合

ID連携の確認画面をクリックしたら、そのまま基本情報の入力画面に移動します。

 

この時メールアドレスは、連携先で登録したもので確定されているので、使っていない古いアドレスでないか確認しましょう。
ユーザー名やパスワードなど必要項目を入力すれば、登録完了となります。

 

登録完了後クラウドワークスへログインする時は、連携させたログインのみ有効です。
登録したメールアドレスとパスワードを入力しても、クラウドワークスにはログインできないので注意しましょう。

 

友達キャンペーンで条件達成で報酬GET

 

 

 

クラウドワークスに未登録の方があなたからの紹介で登録し、
クラウドワークスにて1000円以上のお仕事をすると、紹介した人と
紹介された人の両方に仕事の報酬とは別に1000円の入るキャンペーンです。

2019年1月2日現在、このキャンペーンは、終了しました。

条件は、アプリをインストールして会員登録の際、紹介者のキャンペーンコードを入力。
(紹介者のアプリメニューにある「お友達紹介キャンペーン」12桁のキャンペーンコード)

紹介された方が、180日以内に1,000円以上の仕事をすると、紹介した人もされた人もそれぞれ1,000円が貰えます。

また、このようなキャンペーンは、始まるかもしれませんので、
たまに確認しましょう。

登録したら、必ずしておきたいこと

登録が完了すると早速、仕事を探して応募、提案する言葉が出てきますが、その前に「プロフィール編集」で準備するのがおすすめです。

 

プロフィール編集を行う理由としては、大きく分けて3つあります。

 

①仕事の依頼率(信頼性)がアップする

ネット上での仕事なので、仕事を依頼するクライアントにとって
メンバーの情報がわかれば、信頼性が増します。

②プロワーカーの条件のひとつ

一定の基準を満たしたクラウドワークス認定の称号、プロワーカーの条件に
「プロフィール&自己PR入力済み」があります。

他にも条件がありますが、後から「記載していればプロワーカーになれたのに…」
というのはもったいないので、登録しておくのが良いでしょう。

③TOPプロワーカーの条件のひとつ

プロワーカーの認定条件に加え、さらに一部の人が対象となるTOPプロワーカーは「メンバー情報編集」「スキル登録」「経歴・実績登録」「基本情報編集」の対応も条件のひとつ。

TOPプロワーカーは100名という厳しい条件ですが、準備しておいて損はありません。

銀行口座を登録

 

 

 

①マイページの右下の「プロフィールを充実させる」をクリック

②受注者・発注者情報にある「メンバー情報編集」をクリック

③共有情報の右側から「振込先口座登録」をクリック

 

振り込みは、未出金報酬額が最低1,000円以上となっています。
15日の締め日で当月末の振り込み、もしくは月末締めの翌月15日払いと締め日は月2回。
振込手数料は楽天銀行なら税込100円、他行宛なら税込500円が発生します。

 

出金方法は、標準設定の「随時出金」とオプションの「50,000円以上出金方式」
「キャリーオーバー方式」さらに「クイック出金」の4種類です。

 

①随時出勤方式

1,000円以上となったら、次の締め日で出金手続される「随時出金方式」。
絶対に180日経過で権利を失いたくないならこの方式が安心ですが、
1,000円以上稼げば最高月2回の締め日で出金となるので、手数料のコストがかかります。

②50,000円以上出勤方式

未出金額が5万円以上となると、次の締め日で自動的に出金の対応がされるのが
「50,000円以上出金方式」です。

この出勤方式は、私は使用したことがありませんが、
コンスタントに稼げるようになれば、問題ないかもしれませんが
まだ、稼げていない時は、この方式は使用しないほうがいいかもしれません。

180日を経過すると出勤申請期限切れとなってしまうので。

③キャリーオーバー

未出金の報酬額問わず、自動的に繰り越しされるのが「キャリーオーバー方式」です。
出金したくなったタイミングで「随時出金方式」や「50,000円以上出金方式」を選ぶと、2種類の締め日、いずれか近い方で対応されます。

④クイック出金

振込手数料にプラスして出金額3.5%の利用料を払うと、
申請後3営業日以内に受け取れるのが「クイック出金」です。
キャリーオーバー方式を選択していると520円以上で出金可能ですが…

520円でクイック出金を使い他行宛に振り込むと、
クイック出金利用料が引かれた501円から振込手数料500円を引くと…1円!?

報酬が減る恐れがあり!?

クラウドワークスでせっかく報酬が発生しても、
口座番号の登録を間違うと受取額が減ってしまいます。

それは、口座番号の登録ミスにより振り込みができなかった場合、
たとえ口座にお金が入らなくても手数料だけは引き落としされてしまうため。

たとえば間違った振込口座(他行)で1,500円の出金申請をすれば、
1,000円となり、正しい振込先で次の申請を依頼しても再度、
手数料が引かれて500円の受け取りとなるのです。

クラウドワークス側で「振込先が間違っているかもしれない」
という判断はできないので、正しく振込先口座を登録するようにしましょう。

報酬が完全になくなる恐れあり!?

振込先の記入ミスで減額されるだけでなく最悪、発生した報酬がすべて消失する恐れもあります。

それが2017年から始まった「180日の出金期限ルール」です。
報酬が確定した日から出金されないまま180日が経過すると、報酬の権利が失われます。

未出金があると、ちょこちょこと「気を付けてね」といったメールが送られてきたり、
報酬欄にも出金申請期限が記載されていたりしますが、
うっかり忘れてしまわぬよう注意が必要です。

プロフィールを作成

①マイページの「プロフィールを充実させる」をクリック

②受注者・発注者情報にある「メンバー情報編集」をクリック

職種や仕事カテゴリ、ステータス、稼働時間、時間単価など必須項目を入力。
とくに自己PRなどは、仕事を受けるアプローチに役立つのに加え、
ネット上で公開される部分なので、読みやすさやアピール、
個人情報を意識した内容がおすすめです。

アイコン画像の変更

①マイページの「プロフィール充実させる」をクリック

②受注者・発注者情報にある「メンバー情報編集」をクリック

③共通情報から「基本情報編集」をクリック

デフォルトでも問題ないのですが、これから作業をするには
印象付けや信頼性がアップします。

私自身は、まだ登録してませんが。。。。重要です。

気を付けた方がよいアイコン

 

ディズニーやサンリオといったキャラクター画像は、著作権NGなので、
非常に注意したほうがいいです。ライティングの案件を受けて作業を進めていく際にも
クライアントから著作権に関して、厳しく注意されるので、この辺は、
意識高くいきましょう。

 

画像に免許証を載せる人がいますが、ネットなので誰が見てるかわからないので
個人情報がばらまかれますので、載せないように。

 

各種登録

 

①マイページの「プロフィールを充実させる」をクリック

②受注者・発注者情報から「スキル登録」「経歴・実績登録」 「オススメ案件登録」をクリック

こちらに関しても登録しておくと非常に良いです。

スキル登録:プロフィールページの職種・スキルに公開

経歴・実績登録:プロフィールページの経歴に効果

オススメ案件登録:マイページなどのオススメ案件に反映

クラウドワークス「ユーザー名」「ワーカーID」の違い

クラウドワークスを利用していると「ユーザー名を記入してください」
「ワーカーIDを教えてください」といった場面が出てきます。

・ユーザー名とは

プロフィールで公開されている自分の名前が、ユーザー名。
(私の場合、ユーザー名は「mineace0615」です)
表示用は「基本情報編集」から名前変更できます。

・ワーカーIDとは

ログイン状態で「自分の公開ページを確認」のURLにある末尾の数字が、ワーカーID。

https://crowdworks.jp/public/employees/1462889
(私の場合 ワーカーIDは「1462889」です)

まとめ

ここまでの入力をして今度は、案件への申し込みを実施し
仕事をこなしていきましょう。



登録をしていただいて、初心者でも月1万稼げる方法も見てみてください→こちら

コメント