【初心者】クラウドワークスで仕事をする人に確定申告・年末調整を わかりやすく説明します。

クラウドワークス

【初心者】クラウドワークスで仕事をする人に確定申告・年末調整を
わかりやすく説明します。

一定以上の収入を得ると、確定申告が必要です。

また、本業で年末調整をしている人でも、副業で稼ぎが、年間20万円を
超えた場合は、確定申告をする必要があります。

 

クラウトワークスでの収入の年末調整や確定申告について
わかりやすく説明します。



 

クラウドワークスでの報酬で年末調整・確定申告について

 

本業で給与収入がある場合、本業の会社にて年末調整が実施されます。

 

そのうえで副業の稼ぎが年間20万円超えると、年末調整後に発行される
源泉徴収票と併せて、確定申告をする必要があります。

 

確定申告をする上で、本業と副業の所得が合算されて住民税額に反映されます。
要するに、副業の収入が本業の会社に分かる仕組みになっています。

 

会社に内緒でしていた副業がバレてしまうのは、多くの場合確定申告のためです。
クラウドワークスでのお仕事の立場上、「個人事業主」の扱いになります。
所得を得た場合は、会社ではなく、自分自身での確定申告を行う必要があります。

 

所得税の申告は、国民の義務でもあるので、年間20万円を超える稼ぎがあった場合は、
申告しましょう。

 

ここで抑えておきたいポイントを解説します。

 

収入:売り上げのことです

所得:売上から必要経費を除いたものです

経費:仕事をするために必要な費用です

副業でインターネットを利用した仕事をした際には、PCやインターネット接続料金が
経費になるのです。

ここで例として・・・・副業の売り上げが年間20万円だとします。
経費に4万円かかったとしたら、所得は、16万円になります。
所得税の申告の必要がないです。

★ただし、別途住民税の申告が必要になります。

ここで注意してほしいことがあります。

なんですか?

経費はなんでも認められるわけではないです。

どういうことですか?

仕事で必要と判断されれば問題ないです

どうすれば認められるんですか?

確実な方法は、税務署に相談したり、税理士さんに
相談することをお勧めしています。

なるほど。それなら安心ですね。

上記でも述べた「インターネット代金」に関しては、
自宅では、プライベートでもインターネットを使用している
人が多いと思うので、すべてが経費にはなりません。

 

ここで重要なのは、経費として認められるためには、
日頃からレシートや領収書が必要になるので、保管する
癖をつけておきましょう。

 

クラウドワークスにて詳しく載っていますので、
そこも参考にしてください。

参考URL

 

スポンサーリンク

確定申告に必要な書類

 

確定申告には、源泉徴収票と収入を証明できる書類が必要です。 クラウドワークスでは支払調書の発行機能があり、納品書を契約ごとに出力することができます。

 

源泉徴収を行わない契約の場合には、支払調書機能はないので注意してください。

 

源泉徴収票について

法人クライアントのお仕事をした場合は、源泉徴収分の所得税を天引きし、
代わりに納付をしてくれます。

 

年明け以降に源泉徴収票を発行してくれますので、それを使用しましょう。

 

源泉徴収票の発行と源泉徴収は、報酬を支払う会社の義務なので、
源泉徴収されなかった場合でも心配はありません。

 

源泉徴収票は書面による発行の他電子交付も認められています。

 

発行に関しては、翌年の1月31日までと決まっているので、
2月になっても手元に届かない場合は、法人のクライアントに
問い合わせてください。

 

クラウドワークスの支払い調書の発行までの流れ

 

 

 

 

 

 

 

「契約画面」の「帳票メニュー」を表示し、契約完了後「支払調書」ボタンをクリックします。「支払調書の発行」画面で必要な情報を入力して、「プレビューで内容を確認する」ボタンをクリックします。

 

受注者の情報は、契約時に開示に同意されているので自動で入力されます。

 

支払い調書の発行

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

支払い調書について付け加えます

 

給与所得に分類されない所得は、個人のお仕事に対する支払調書の発行
義務がないです。支払調書はあくまで税務署への提出義務があります。

 

日頃から正確に計算ができるようにしておくことが重要です。

 

支払い調書が発行されないお仕事もあるので、入金の履歴がわかるように
通帳の記帳を行い保存しておくことをおすすめします。

 

確定申告は必ず行うべき

 

クラウドワークスでお仕事をした場合、本業・副業共に該当する場合には
確定申告を必ず行いましょう。
また、確定申告に必要な書類は、紛失しないように、
しっかりと保管をしてください。

 

ここでのことをしっかり踏まえた上で
クラウドワークスを始めてみましょう!



コメント