【2019年保存版】自分の商品の作り方

アフィリエイト

代理店ビジネスやアフィリエイトセンターの商品を
自分自身のサイトで売るということが、ネットビジネス初心者には、

ネットビジネスを始めるためのとっかかりにしては、いいのですが。

例えば、よくある話がAという商品をアフィリエイトしていて報酬を得ていたと
します。

ですが、月日が経って、Aという商品がなくなってしまうという話はよくある話です。

 

なぜなら、アフィエイトとは、広告ビジネスだからです。本体が儲かってなければ、
広告費を払うことはできません。ですので、このようなことがおきます。

 

もう一つ起こることは、Googleのペンギンアップデートです。
これは、簡単に言うと、ネット上での順位付けが変わってしまうという
ことです。まだまだ、説明はありますが、省きます。

 

これが、発生すると順位が1位だったサイトが圏外に飛ぶということは、
平気でおきます。そうなると報酬がなくなってしまうので、

 

非常に厳しい状況になってしまいます。

 

具体的な例でさらに言うと、私自身の実施している電子書籍のビジネスの報酬は、
2か月先にしか入ってきません。

(例)
2019年1月の報酬→2019年の3月末に口座に入金されます。

 

このように、色々と不便が生じるので、自分の商品を作ることは、
ネットビジネス初心者の方は、作るようにしていかないと報酬が
安定しないということです。

 

この記事を読み終えた後のメリットは

・自分の商品の作り方がわかる

・商品とはどういうものなのかわかる

・商品を作った後のやり方がわかる

 

それでは。最後までお付き合いください。

 

自分の商品を作るとは?

 

お金を得るための方法とは?

 

少し質問をします。

お金を得るために必要な方法とは、なんだと思いますか?

うーん

働いて稼ぐ

正解です。

ですが、半分正解です。

 

半分??

そうです。

お金の得る方法で大きなものがあります。

それは、価値を提供するということです。

 

わかりました。

 

このように価値と言うものを提供するということが
頭に入っていないと副業であったり、ビジネスや脱サラといったことが、難しくなってしまいます。

 

ですが、アルバイトをしている人や会社員をしている人は、
このような思考になる人は、少ないと思っています。

 

私自身も居酒屋で独立しなかったら、このようなことは
思いも尽きませんでした。

 

雇われている人は、このような思考にはならないと思っています。

 

ですが、この記事を読んでいただいて、頭の概念を少しでも
変えられるようにしていきましょう。

 

自分で稼ぐには、自分の商品に働いてもらおう

 

自分が提供できる価値が、【自分の商品】になります。

 

働いて稼ぐというのは、自分の労働力や時間を会社に提供を
して得られるのです。

 

これは、大半の人がおこなっているのですが、正直限界があります。
しかも、疲れます。

 

今の時代、働き方改革が行われています。
そのために、残業代が生活費になっていた人は、残業が減ることに
より、より生活が厳しくなっている人もいると思います。

 

その人たちは、どうなるかというと・・・・

 

副業をすると思います。副業といっても、本業が終わってから
お店でアルバイトするということをする人が多いかと思いますが、

 

このような働き方は、若いうちです。正直、体壊しますよ。

 

ですので、自分の商品を作ることをお勧めします。

 

私の例でいうと、電子書籍を出版しているので、
本が読まれたり、売れたりすれば、報酬として発生します。

 

これは、働いてなくても報酬が発生するのです。

 

このようなことをすれば、健康的だと思います。(笑)

 

ですが、ここで伝えたいことは・・・・

①価値の提供をすることで得られる報酬

②働いて得られる報酬

 

この①と②は、別物なのです。

 

だからこそ、ネットビジネス初心者の方でも
自分のビジネスを始めるのであれば自分の商品を
作ることをしていってほしいと思います。

 

スポンサーリンク

商品という言葉をよく考えてみよう

 

商品は、どんなものがあるのか?

 

商品というと品物をイメージしがちですが、

 

価値のある情報も商品として存在します。

私自身も電子書籍を出版しています。

 

この電子書籍は、品物ではないです。
まさに、情報が価値となっているのです。

 

形がないものも、商品として扱われるので、ネットビジネス初心者の
方は、頭を柔軟にしていてください。

 

他人がお金を出してくれるものこそが商品

 

この題目通り、他人がお金を出してくれれば、商品なってしまいます。

私の電子書籍も売れなければ、商品ではありませんが、

売れてしまえば、それが、商品として成り立ってしまいます。

ですので、視点を変えてみていきましょう。

自分の商品の作り方のコツとは

 

自分自身の商品の作り方のコツは、2つあります。

1:経験

2:スキル

 

この2つを兼ね備えていないと相手に価値を提供できません。

この2つがないとだめなんですか?

そうです。これがないと相手の役に立つことができません

もし、この2つがなかったものをどう思いますか?

 

うーん・・・必要無いかもしれません

そうですよね。相手の役に立つ!これこそが価値を提供する
という意味なんです。

 

この2つをクリアーする方法があるので解説していきます

 

自分の趣味の内容から商品化

 

この趣味っていうと自分には、そんなものないですとか

人様に価値を提供する趣味はないとか

色々と考えすぎる人がいるかもしれませんが。

誰しもがはまった趣味とかいろいろなにかしら持っていると思います。

これに関しては、なんでもいいです。

 

なんでもいいんですか!

はい!

例えば、サイクリングとか!

 

いいですね。

なんでもいいんですよ。同じことを始めたいって人は
たくさんいるはずです。
なぜなら、世の中に売られているからです。

 

 

自分の仕事の内容を商品化

 

今の本業の仕事で得た知識であったり、今までの仕事での知識でも
なんでもいいです。

これが、一番再現性が高いかと思います。

 

もし、やりたくない仕事をやっているのなら、それはやめておいてくださいね。

 

たぶん、その仕事の価値は提供できません。

 

やりがいを感じていたり、得意だったり、大好きな仕事であるなら
そこから探してみることをおすすめします。

 

仕事を提供している最中に誰に価値を提供できないかどうかという
視点でみてみると以外と見つかりますよ。

 

私の過去の仕事でもある外食産業であるのなら、

【売り上げの上げ方】・【不振店の立ち上げ方】とか

 

営業の仕事であるなら、営業する際の注意点であったり、
気を付けていることなど。

 

色々と考えれば、いくらでも出てくるはずです。

 

そして、出してくれたアイデアを使って、同じ仕事をしようとしている
人にとって・・・

 

【非常に価値のある可能性が高い】です。

 

自分の商品ができたら、どのようにしてマネタイズするのか?

 

このマネタイズとは、収益化という意味です。

 

どういう形で考えた価値を対価としてお金をいただくかを
考える必要があります。

 

人で教えることで収益化したい場合は・・・

ココナラ

ストアカ

サイタ

タイムチケット

などなどのマッチングサイトがあるので、利用してみてください。

 

これ以外にもノウハウをブログやYouTubeに載せて
広告収入を稼ぐこともありですよ。

 

自分の商品ができただけでもOKです。

 

その後の行動を解説していきます

自分の商品ができたら、アクセス・訪問者を集めよう

 

自分の商品ができたら、人に届けるために努力しましょう。

 

自分が作った商品に興味のある人をとにかく、集めまくりましょう!

それを、ビジネス用語でいうと見込み客です。

 

これってすっごく重要なことで。価値のあるものができても
それを人に届けられないと意味がない・・・

 

集めるために利用してほしいのが、

・ブログ

・ツイッター

・インスタグラム

・Facebook

などなどです。

 

とにかく、発信です。

 

自分自身の商品に関する情報や役立つ情報を提供していると
人が集まってきます。

 

とにかく、価値のあつ情報を発信するのが重要です。

 

訪問者の役に立つが最優先!収益は、後からついてきます。

まとめ

自分の商品を作るポイントは

・マネタイズする方法

・興味ある人に発信・集める事

・自分の商品を見つける=相手に提供できる価値

 

このポイントを抑えて商品と言うのをつくっていきましょう。

 

最初に当てることなどは、難しいかもしれないので、

 

何度もチャレンジしてもらって、失敗してもそれが経験になり、
それも、ノウハウの一つとなると思うので、

 

やることすべてが価値に変わるので、気軽にチャレンジしましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

友だち追加

有益な情報を配信していますので、登録特典もありますので、

ライン@まで登録をお願いします。

登録の際には、「登録特典」とメッセージを送ってください。

コメント