リライト記事の注意点

リライト記事

ブログを始めたい人やネットビジネス初心者の方にとって
ネット上にある記事のリライトをするということは、とても大事なんです。

 

何かっていうと、情報を得るには、インターネット上かリアルに人に会って
話を伺うしかないのですが、正直、ネット上の方が情報があふれているのが事実。

 

ですので、このリライトでの注意点を解説していきます。

 

この記事を読み終えたメリット

 

・コピペツールで確認する大事さが分かった

・リライトのやり方が分かった

 

それでは。最後までお付き合いください。

 

リライトは、ツールを使って判断せよ

 

 

 

 

CopyContentDetectorは、無料のツールです。こちらからどうぞ!

 

文字数が、8000文字が超える際には、有料になるので注意してください。

 

ネット上に記事を載せる前にこのツールの文字を入力する所にコピペで
貼り付けてもらって、【チェック】をクリックすると勝手に確認してくれます。

 

少し時間かかるので、少し気長に待ってくださいね。

 

その際に、【類似度判定】・【一致率判定】・【テキスト間判定】という
3点で判定してくれます。

 

この3つの判定の中で【要注意】・【警告】が出た場合には、
記事をネット上にアップすることは、避けた方が無難かと思います。

 

なぜなら、Googleは、非常に厳しくなってきています。
Googleは、記事をロボットで判定しています。もし、コピペという判断が
下れば、正直、上位表示は、無理です。

 

なぜなら、Googleは、オリジナリティーの記事を求めているからです。

 

だから、情報をネット上から集めてくるしかないと思っています。
文字数は、どうかというと私は、3000文字だと思っていたのですが、

 

正直、そこに関しては、訪問者の方・読者の方に有益な情報を
与えることができれば、関係ないのかなと私は、思っています。

 

すみません。間違っていたら・・・・・

 

ですので、このツールをまずは、つかってみてください。

 

スポンサーリンク

コピペ扱いにならないためにも

 

ネットビジネス初心者の方やブログを今から始めるぞっていう人は、
まずは、どんな情報を手に入れようとネット上を歩き回ると思います。

 

その際に、上位表示されている記事から情報を得ようとします。

 

ですが、ここで注意点!その記事をまともにパクるとGoogle神に見抜かれます。

 

絶対に上位表示されないです・・・・・。残念ながら・・・。

 

ここで注意点を言います。

・単語の入れ替え

・順番の入れ替え

・文末の入れ替え

 

これらをしても、コピペ扱いになります。
厳しいですが・・・・・。

 

ですので、新しい情報を記事内にいれていく必要があるのです。

 

たぶん、昔は、これが通用したんだと思います。
だから、一時期は、ブログバブルがあったのかなというのが、私の印象です。

 

だから、ただ単に記事を入れ替えたり、言い回しを変えるだけで、

 

ダメなんです。

 

明日以降に上位表示の記事をどうすれば、
評価対象になるのかを解説していこうと思います。

 

まとめ

 

記事を書く際には、オリジナルが一番。

コピペかどうかは、ツールを使って判断してみてください。

今からネットビジネスを始めて脱社畜したい人にとって

 

リライトのやり方をもう少し突っ込んで解説しますので、
また、明日以降お楽しみに。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

友だち追加

有益な情報を配信していますので、登録特典もありますので、

ライン@まで登録をお願いします。

登録の際には、「登録特典」とメッセージを送ってください。

コメント